Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaseya、IT管理製品で日本市場に参入 - SaaS型サービスも展開

スイスのKaseyaは、日本法人Kaseya Japanを設立し、IT管理製品の国内市場へ本格的に参入した。

同社ソリューション「Kaseya」は、PCの遠隔操作や資産管理などを実現し、32カ国で導入されているIT資産管理製品。オンプレミスはもちろん、クラウドによるSaaS型サービスとして展開する。

ウェブベースの管理コンソールが用意しており、管理業務を自動化することが可能で、PC端末のポリシー設定やネットワークマネジメントなどが行えるほか、バックアップ、セキュリティ対策、電源管理など対応している。

9月より提供予定の「Kaseya モバイル・デバイス・マネジメントモジュール(KMDM)」により、「iOS」「Android」「BlackBerry」「Windows Phone 7」など幅広いプラットフォームのモバイル端末における資産やメール、バックアップ管理を実現している。

同社では、5エージェントまで利用できる「Kaseya」SaaS版をアカウント開設から30日間無料で利用できる「Kaseya」SaaS版無料トライアルキャンペーン」を10月31日まで実施する。

(Security NEXT - 2011/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション