Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、海外グループ企業サイトの脆弱性を診断する新サービス

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、海外グループ企業のウェブサイトにおける脆弱性を検査する新サービス「グローバルWeb健康診断」の提供を開始した。

グローバルWeb健康診断
中国語版報告書イメージ

同サービスは、日本企業の海外グループ会社が運営するウェブサイトの脆弱性について調査するサービス。日本国内からインターネット経由でウェブサイトへアクセスし、ウェブアプリケーションの診断やネットワーク診断を実施する。

診断は、「SQLインジェクション」「クロスサイトスクリプティング」「セッション管理の不備」など12種類の主要脆弱性に対応。さらにポートスキャンやウェブサービスに関連するネットワーク診断を実施する。

申し込みから報告まで4営業日以内で完了し、診断報告書は、日本語、英語、中国語による提供が可能。脆弱性を発見した場合は対策指針についても案内する。

価格は1サイトあたり26万2500円。同社では関連サービスを含め発売後1年間に1億円の売上を見込んでいる。また今後は、中国国内において同様のサービスを展開する予定。

(Security NEXT - 2011/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス