Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天などメール送信事業者11社がドメイン認証技術「DKIM」に対応

迷惑メール対策のドメイン認証技術「DKIM」について普及を推進するJapan DKIM Working Group(dkim.jp)は、同WGへ参加するメール送信事業者の対応が完了したと発表した。

「DKIM」は送受信双方で対応する必要があることから、普及に向けてメール送信事業を展開する事業者11社においてDKIM署名付与に対応したもの。対応事業者より配信されたメールには、DKIMの署名が付与された状態で送信される。

同団体では、メール送信事業者の署名が増加することで、受信側の事業者によるDKIM対応の環境が整ったと説明。さらなる同技術の普及を推し進めたいとしている。

今回対応が完了した事業者は、アットウェア、エイケア・システムズ、エイジア、HDE、シナジーマーケティング、トッパン・フォームズ、パイプドビッツ、プロット、ユミルリンク、楽天、レピカの11社。

(Security NEXT - 2011/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
フィッシングURL、1カ月で5万件超 - 過去最多更新
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシング対策GLが改訂 - 実施すべき要件に「本文中リンクをクリックしないこと」
国内主要上場企業の約半数がDMARC導入 - 対象ドメインの12.1%