Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天などメール送信事業者11社がドメイン認証技術「DKIM」に対応

迷惑メール対策のドメイン認証技術「DKIM」について普及を推進するJapan DKIM Working Group(dkim.jp)は、同WGへ参加するメール送信事業者の対応が完了したと発表した。

「DKIM」は送受信双方で対応する必要があることから、普及に向けてメール送信事業を展開する事業者11社においてDKIM署名付与に対応したもの。対応事業者より配信されたメールには、DKIMの署名が付与された状態で送信される。

同団体では、メール送信事業者の署名が増加することで、受信側の事業者によるDKIM対応の環境が整ったと説明。さらなる同技術の普及を推し進めたいとしている。

今回対応が完了した事業者は、アットウェア、エイケア・システムズ、エイジア、HDE、シナジーマーケティング、トッパン・フォームズ、パイプドビッツ、プロット、ユミルリンク、楽天、レピカの11社。

(Security NEXT - 2011/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも