Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カードローン契約者の顧客情報含む書類を紛失 - 京都信金

京都信用金庫は、本店含む66店舗で、あわせて1万1205件の顧客情報含む帳票を紛失したと発表した。従業員が誤って廃棄した可能性が高いとしている。

紛失が判明したのは、2001年4月から2010年8月までのカードローン自動継続予定リスト、およびカードローン自動継続センター処理結果リスト。すでにローンを解約した顧客を含む1万1205件の氏名、生年月日、カードローン口座番号、限度額などが含まれる。

3月8日に円町支店において同帳票の紛失が判明したのを受け、全店調査を実施。同支店を含め66店舗で紛失の事実があることがわかった。文書保存期間は10年間と定められているが、電子データがあるため保存は必要ないと判断した担当者が、誤って廃棄した可能性が高いという。

今回の紛失にともなう不審な問い合わせなどは確認されていない。同金庫では、対象となる顧客に個別に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2011/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
個人情報含むメディアを紛失、誤廃棄の可能性 - 春日井市
小学校で卒業証書授与台帳を紛失、金庫ごと廃棄か - 品川区
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市