Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会ら、デジタルアーツにフィッシングサイト情報を提供

フィッシング対策協議会、JPCERTコーディネーションセンター、デジタルアーツの3者は、フィッシングサイト対策で提携した。

今回の提携により、デジタルアーツでは、フィッシング対策協議会とJPCERT/CCからフィッシング詐欺サイトの最新情報について提供を受け、個人や法人向けに提供しているフィルタリング製品へデータを反映させる。

同社では、フィルタリング用のURLについて独自にデータベースを構築。従来より警視庁サイバー犯罪対策課やインターネット・ホットラインセンターと連携してきたが、フィッシング対策協議会らとの連携により、さらにデータベースを強化する。

(Security NEXT - 2011/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用