Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「一太郎」に脆弱性、アップデートモジュールが公開

ジャストシステムは、同社ワープロ製品「一太郎」シリーズに脆弱性が見つかったとして、アップデートモジュールを公開した。

問題の脆弱性は、細工された文書を開いたり、ウェブサイトに埋め込まれた不正な文書ファイルを意図せず開いて脆弱性を攻撃された場合、任意のコードが実行される可能性があるもので、ジャストシステムでは、脆弱性を5月31日に確認したという。

同社では、「一太郎2011」「一太郎2009」をはじめ、同シリーズ向けにアップデートモジュールを用意。旧バージョン向けのプログラムも準備を進めており、公開され次第、導入するよう強く推奨している。また不審な一太郎文書ファイルを開かないよう注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
米政府、「OWASSRF」など悪用脆弱性2件について注意喚起
Veeam製バックアップ製品を狙う脆弱性攻撃が発生 - 早急に対処を
「Citrix ADC」脆弱性、攻撃グループ「APT5」が悪用か - 米政府指摘
「FortiOS」の脆弱性で国内外セキュリティ機関が注意喚起
Fortinet製品のSSL VPN機能に脆弱性 - すでに悪用、侵害調査を
Cisco製IP電話に脆弱性、PoCが公開済み - パッチは来年公開予定
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース