Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」を偽装したフィッシング攻撃が発生 - 16日の時点で稼働中

クレジットカードブランド「MasterCard」を装ったフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行っている。

今回確認されたフィッシングメールは、「Important MasterCard Alert」「MasterCard Account Holder」「Regarding Your MasterCard」のほか、少なくとも5種類以上の件名で送付されており、誘導先のURLも9件確認されている。

メールは英文で記載されているが、誘導先のフィッシングサイトについては、フォームが日本語化されていた。16日の時点で誘導先のサイトも稼働しており、同協議会ではサイトの閉鎖に向けて、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼しているという。

同協議会では、フィッシングメールに記載されたURLにアクセスしたり、誤って個人情報を入力しないよう呼びかけるとともに、同様のメールを受信した場合は届けてほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
ETC利用者狙うフィッシング - QRコードで誘導
請求案内に見せかけた「So-net」を装うフィッシング
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
楽天装うフィッシング - 「注文を出荷できません」などと不安煽る
「Citrix ADC」「Citrix Gateway」のVPN機能に深刻な脆弱性 - 早急に更新を