Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flash Playerに深刻な脆弱性、すでに悪用も - 米時間15日よりアップデートを提供

Adobe Systemsは、セキュリティアドバイザリを発表し、「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性が含まれていることを明らかにした。「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」についても脆弱性が含まれる。

リモートでコードが実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2011-0611」が明らかになったもの。「Flash Player 10.2.153.1」および以前のバージョンに含まれており、「Windows」「Mac」「Linux」「Solaris」と幅広いプラットフォームが影響を受ける。

また「Android」向けに提供されている「Adobe Flash Player 10.2.156.12」や「Google Chrome」向けの「Adobe Flash Player 10.2.154.25」、および以前のバージョンにも脆弱性が含まれる。

今回明らかになった脆弱性は、「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」に同梱されているライブラリ「Authplay.dll」にも存在しており、「同X(10.0.2)」および以前のバージョン、一部プラットフォームを除く「同9.x」が影響を受ける。

(Security NEXT - 2011/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性