Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が工事委託先経由で外部へ流出 - NTT西

NTT西日本の顧客情報23件が、工事委託先を介して外部に流出していたことがわかった。

同社愛媛支店において、フレッツ光などの設置工事に関する顧客情報の一部が、顧客の承諾を得ることなく、工事委託先を通じて関係者以外に流出していた。松山市の個人顧客8件および法人顧客15件の氏名、住所、電話番号などが含まれる。

同社では、対象となる顧客に説明や謝罪を行った。また委託先における顧客情報管理について指導を強化するとしている。

(Security NEXT - 2011/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
高校で生徒の個人情報含む書類が所在不明 - 大阪府
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金