Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、「IE 9日本語版」を4月26日より提供

日本マイクロソフトは、東日本大震災の影響で公開を延期していた「Internet Explorer 9」日本語版の提供日を4月26日に決定した。

同社では、当初3月15日に公開を予定していたが、3月11日に発生した震災が発生したことを受け、ネットワーク回線への負荷を軽減するために一時提供を延期していた。

今回の公開では、当初ダウンロードによる提供のみに限定し、ベータ版やRC版ユーザーに対する自動更新については、負担軽減のため、今後段階的に実施するするとしている。

(Security NEXT - 2011/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「WooCommerce」向けのカスタムフィールド追加プラグインにRCE脆弱性
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正
Cisco、12件のセキュリティアドバイザリを公開 - 複数製品の脆弱性に対応