Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ギフト申込票の誤印字で顧客情報1万2000件が流出 - イオン

イオンがカスミの顧客向けに作成したギフトの申込書に、誤って本人とは別の顧客の個人情報が印刷されていたことがわかった。

個人情報が流出する原因となったのは、3月11日にカスミの顧客向けに送付した「イオンの母の日・父の日ギフト」の申込票。カスミ115店舗でギフト発送を申し込んだ顧客およびその届け先1万2068人分の個人情報が流出した。

申込票は3枚綴りになっており、本来ならば3枚すべてに同じ依頼主や届け先が印刷されるが、異なる顧客の情報が記載された2枚目と3枚目を誤って綴ってしまったという。

イオンでは、監督官庁へ事態を報告した。また対象となる顧客に説明や謝罪を行うとともに、新しい申込書を送付するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2011/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先
従業員の顧客情報漏洩、金銭目的や強要否定 - 北洋銀
庁舎内で狩猟免状が所在不明に - 神奈川県
中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
元応援団部員の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 立命館大