Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ギフト申込票の誤印字で顧客情報1万2000件が流出 - イオン

イオンがカスミの顧客向けに作成したギフトの申込書に、誤って本人とは別の顧客の個人情報が印刷されていたことがわかった。

個人情報が流出する原因となったのは、3月11日にカスミの顧客向けに送付した「イオンの母の日・父の日ギフト」の申込票。カスミ115店舗でギフト発送を申し込んだ顧客およびその届け先1万2068人分の個人情報が流出した。

申込票は3枚綴りになっており、本来ならば3枚すべてに同じ依頼主や届け先が印刷されるが、異なる顧客の情報が記載された2枚目と3枚目を誤って綴ってしまったという。

イオンでは、監督官庁へ事態を報告した。また対象となる顧客に説明や謝罪を行うとともに、新しい申込書を送付するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2011/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
配送ラベル二重貼り、異なる顧客情報 - 3Dプリンタ販売会社
家庭訪問の事前連絡票を誤送付、コピペミスで異なる宛先に - 江戸川区
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
高齢者世帯実態調査の一部調査票に別人情報 - 志木市
通知裏面に別人の健診結果、印刷操作ミスで - 宮城県
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
県立病院で新生児の写真含むメモリカードを紛失 - 新潟県
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ