Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャンペーンメール誤送信で顧客のアドレス流出 - 大阪の不動産仲介業者

アイ・ディ・コミュニティーは、従業員がメール送信時に操作を誤り、顧客のアドレス100件を流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、2月14日に送信されたキャンペーンメール。担当者の操作ミスにより、送信先アドレスを宛先に入力して一斉送信したため、顧客100人の氏名とメールアドレスが表示された状態となったという。

同社では送信直後に問題へ気付き、対象者へ謝罪。誤送信メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2011/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER
メール誤送信で歴史ツアー参加者のメアド流出 - 横須賀市観光協会
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
保育施設運営事業者へのメールで誤送信、メアド流出 - 大阪市
文化振興財団においてメールの誤送信が発生 - 豊田市