Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プレスリリース送信で誤送信が発生 - PR会社

MSL Japanは、メールの誤送信が発生し、誤って受信者間でメールアドレスが確認できる状態が発生したことを公表した。

2月25日に同社が受託しているビジネスソフトウェアアライアンスのプレスリリースを報道関係者へ送信した際、誤って「CC」を利用したことから、メールアドレスが流出したもの。

同社では通常、プレスリリースの配信にあたり外部システムを用いていたが、突発的な理由から通常とは異なる従業員が送信を担当したところ、操作ミスが発生したという。

送信先のメールアドレスに、一部個人のメールアドレスが含まれていたため、同社では関係者へ謝罪を実施。メールの削除を依頼した。

同社では今回の件を受け、社内においてBCC配信の禁止や、配信システムの徹底など再発防止策を進めている。

(Security NEXT - 2011/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
講談社主催の女性アイドルオーディションでメアドが流出
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
ウェビナー案内でメール送信ミス - ヘルスケアシステム開発会社
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府