Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市政モニターのメールアドレスを誤って送信 - 鎌倉市

鎌倉市は、市政モニター187人にアンケートをメール送信した際、誤ってモニター1人のアドレスを記載して送ったことを明らかにした。

同市によれば、2月4日に第3回「市政e-モニター」のアンケートを187人にメール送信した際、担当者の人為ミスによりモニター1人のアドレスが一緒に送られたという。

同市ではホームページ上で謝罪するとともに、メール配信時には複数の職員による確認を行うよう周知徹底するなどの対応を行ったとしている。

(Security NEXT - 2011/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER
メール誤送信で歴史ツアー参加者のメアド流出 - 横須賀市観光協会