Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む書類約7000件を紛失、点検で判明 - 長野県信連

長野県信用農業協同組合連合会において、顧客情報が記載された帳票の紛失が判明した。誤廃棄の可能性が高いとしている。

紛失が判明したのは、本店が扱った「住宅公庫資金償還月次表控」。1975年から1982年の間に借入を行った顧客約5300件、および1992年から1996年の間に借入を行った顧客約1700件の氏名、住所、残高などが記載されていた。

このほか、旧北信支店が扱った「為替受発信明細表」65件も含まれる。依頼人および受取人氏名、口座番号などが記載されていた。

保存文書の点検作業で判明したもので、不正利用なども確認されていない。同連合会では、内部で誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2011/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
婦人靴売り場で顧客情報含む帳票を紛失 - 高崎タカシマヤ
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
高校で検定試験結果が所在不明、持ち去りか - 神奈川県
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
未収期間など受信契約者の個人情報含む帳票を紛失 - NHK