Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMCジャパン、「RSA SecurID Software Token」のAndroid版をリリース

EMCジャパンは、ワンタイムパスワード認証ソフトウェア「RSA SecurID Software Token Android版」を2月7日より提供開始する。

同ソフトは、「Android」を搭載したスマートフォン上で、ワンタイムパスワードを生成することができるソフトウェア。無料で「Android Market」よりダウンロードでき、トークンを有効化するシードを購入することで利用できる。

同社では、すでにスマートフォン向けに「iPhone版」「BlackBerry版」「Windows Mobile版」をリリースしており、今回ラインナップを強化した。「Android」上で連携するアプリを開発するための支援ツール「Androidアプリケーション開発者向けSDK」を用意している。

同社では、製品の発売にともない、特別価格で提供する「スマートモバイル積極活用キャンペーン!」を3月31日まで実施している。

(Security NEXT - 2011/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
相談依頼メールを個人スマホから誤送信 - 糸満市教委
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意