Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMCジャパン、「RSA SecurID Software Token」のAndroid版をリリース

EMCジャパンは、ワンタイムパスワード認証ソフトウェア「RSA SecurID Software Token Android版」を2月7日より提供開始する。

同ソフトは、「Android」を搭載したスマートフォン上で、ワンタイムパスワードを生成することができるソフトウェア。無料で「Android Market」よりダウンロードでき、トークンを有効化するシードを購入することで利用できる。

同社では、すでにスマートフォン向けに「iPhone版」「BlackBerry版」「Windows Mobile版」をリリースしており、今回ラインナップを強化した。「Android」上で連携するアプリを開発するための支援ツール「Androidアプリケーション開発者向けSDK」を用意している。

同社では、製品の発売にともない、特別価格で提供する「スマートモバイル積極活用キャンペーン!」を3月31日まで実施している。

(Security NEXT - 2011/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の就活支援アプリ「OfferBox」に一時脆弱性 - すでに解消済み
新「NOTICE」がスタート、脆弱性ある機器も注意喚起対象に
2024年1Qの脆弱性届け出は243件 - 前四半期比約2割減
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
スマートフォンアプリ「Yahoo! JAPAN」にXSSの脆弱性
最新Androidセキュアコーディングガイドに英語版 - JSSEC
Android 14の変更点をカバー - セキュアコーディングガイド新版
「Google Pixel」や「SureLine OS」の脆弱性悪用に注意喚起 - 米当局
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに