Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イー・ポスト、通信内容を取得、保管するフォレンジック製品を発売

イー・ポストは、台湾デシジョングループが開発したネットワークフォレンジックアプライアンス「E-Detective」を発売した。

同製品は、ネットワーク上で送受信されたすべてのパケットを取得、保管することができるネットワークフォレンジック製品。

セキュリティポリシーに違反する通信を検知し、アラートを出したり、保管したデータに対する検索、レポートの作成を行うことが可能。さらにオプションにより同一ネットワークドメイン内のSSLやHTTPS通信の解読にも対応するという。

日本語のほか、英語、中国語で利用でき、価格は、50ユーザーまで対応する「E-Detective-50AP」が102万9000円。より多くのユーザーに対応する上位製品も用意されている。

(Security NEXT - 2011/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
危機対応を分野横断的に支援するサービス - デロイトトーマツ
IPA、「情報セキュリティサービス基準」リストを更新 - 新登録45社
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
オンラインモールのサードパーティ製管理ツールに不正アクセス
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機