Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、スマートフォンアプリのリスク診断を開始 - 連携サーバの診断も

京セラコミュニケーションシステムは、企業を対象とした「スマートフォン向けセキュリティサービス」を提供開始した。

同サービスは、スマートフォンやタブレット型端末を業務に利用する企業向けのセキュリティ対策サービス。手始めにアプリケーションの安全性を確認する「スマートフォンアプリケーション診断」を提供する。

同サービスでは、スマートフォンにインストールするクライアントアプリのリスク診断はもちろん、連携して動作するサーバアプリケーションの診断メニューも用意している。

具体的には、スマートフォン向けアプリにおける情報漏洩の可能性、root権限が奪取された際の影響などを確認。連携するサーバについては、データ入力チェック処理やデータベースの更新処理などリスクの確認を行う。

また今春より、スマートフォンの「セキュリティレベル確認」や「セキュリティポリシー策定支援」、アプリケーションの開発ガイドラインを提供するサービスなども順次提供する予定。

(Security NEXT - 2011/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド