Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報保存したノートPCを紛失 - 教育ソフト開発会社

教育用ソフトウェア開発、販売などを手がけるラインズは、個人情報が保存された業務用ノートパソコンを従業員が紛失したと発表した。

同社従業員が業務のために持ち出したノートパソコンを1月23日20時ごろに紛失したもの。同パソコンには顧客や取引先である学校名のほか、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど120件の情報が記録されていた。

紛失した情報が不正に利用されたといった情報は寄せられていないという。同社では従業員教育など再発防止のため対策に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2011/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
顧客情報含む業務用PCを帰宅時に紛失 - サンケイビル
サポート詐欺被害で情報流出の可能性 - 高齢・障害・求職者雇用支援機構
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
委託先がサポート詐欺被害、個人情報流出のおそれも - 焼津市
複数端末がマルウェア感染、情報流出の可能性 - 富士通
FAX送信先の確認に使用した医療機関リストを誤送信 - 大阪府
メール覗き見職員を処分、PWなど推測して不正アクセス - 宇陀市
サポート詐欺被害でイベント参加者名簿が流出の可能性 - 山口市