Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、DNS応答の偽造防止する「DNSSEC」を導入

日本レジストリサービス(JPRS)は、管理しているJPドメイン名について、1月16日よりDNSのセキュリティを拡張した「DNSSEC」を導入したと発表した。

「DNSSEC」は、公開鍵暗号による電子署名を用いることで、DNS情報が正規の情報であるか確認できる技術。JPドメインの登録者は、鍵情報をJPRSに登録することが可能となり、DNS応答の偽造によるフィッシングなどを防止できる。

同社では、各国のDNS運用関係者と協力しながら、DNSSECの仕様検討や実証実験を進め、2010年10月17日には.jpゾーンにおけるDNSSEC署名を開始。

同年12月10日にはルートゾーンに.jpゾーンのDNSSEC署名を検証するための鍵情報を登録したが、検証に問題なく、既存インフラにも影響がないことを確認したとして導入に踏み切った。

同社では、今回の取り組みを通じてJPドメインのセキュリティ向上を目指しており、インターネットイニシアティブ(IIJ)をはじめ、レジストラ3社では、署名鍵情報の取次ぎやキャッシュサーバの提供など1月中に対応を開始する。

(Security NEXT - 2011/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
「PowerDNS Recursor」の「protobuf」処理にサービス拒否の脆弱性
サービス終了した「Visionalist」のタグ、約800サイトに残存 - 一時水飲み場攻撃と同じスクリプトも配信
国内主要上場企業の約半数がDMARC導入 - 対象ドメインの12.1%
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
「BIND 9」に複数の脆弱性 - サービス拒否やキャッシュ汚染のおそれ
広島県にDDoS攻撃 - 県や市町のウェブ閲覧や防災メール配信に影響