Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

もっとも危険なOSは「Mac OS X」、サイトは「Google」 - トレンドマイクロまとめ

トレンドマイクロは、2010年に悪用される危険が高かったシステムやサービスなど取りまとめた。

同社では、もっとも危険だったOSとして「Mac OS X」を挙げている。同OSは、11月中旬に600Mバイト以上におよぶ「Mac OS X v10.6.5 アップデート」を公開しており、多数の脆弱性が修正されている。

約5カ月ぶりとアップデートの間隔が長いことから、同社はユーザーの危険性を高めていると指摘。同OS利用者が増加しており、2011年も引き続き、攻撃の対象になると予測している。

また「危険な動作環境」は、スクリプトを有効にした「Internet Explorer」だと分析。2011年についてはJavaに存在する脆弱性を攻撃対象とされており、被害の拡大が懸念されるとしている。

(Security NEXT - 2011/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
「Office」数式エディタの脆弱性狙うマルウェア、一時大きく増加
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働