Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETが年末に配布した一部定義ファイルに不具合 - アップデートで解消

キヤノンITソリューションズは、同社が販売するESET製セキュリティ対策製品「ESET Smart Security」「ESET NOD32アンチウイルス」の一部環境でエラーが発生しているとして、ユーザーへ定義ファイルのバージョンを確認するよう呼びかけている。

特定の定義ファイルを適用した際に、一部環境でアプリケーションが利用する「ekrn.exe」や「egui.exe」でエラーが生じたり、CPU使用率が100%となるほか、インターネットに接続できなくなるといった不具合が確認されているもので、1月5日の時点で同社へ12件の問い合わせが寄せられているという。

不具合が発生する定義ファイルは、12月30日深夜に配布された「5746」や翌31日2時ごろより配布されている「5747」。同社では、定義ファイルのバージョンを確認した上で、1月5日6時以降に配布されている「5760」以降へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
「Exchange Server」のメール処理が滞る不具合が発生
「Log4Shell」の悪用、国内でも多数検知 - 国内で被害も
国内WAFベンダー「Log4Shell」に対応 - 約500サイトで攻撃を検知
「Log4Shell」攻撃、対象ポートが拡大中 - 警察庁観測
「ウイルスバスタークラウド」にフォルダ改ざん検知をバイパスされる脆弱性