Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

茅ヶ崎市で発生した児童の個人情報放置、年末に再び相次ぐ

茅ヶ崎市立浜之郷小学校の児童名簿が、2010年8月に路上に放置されていた問題で、同じ名簿の放置が市内で相次いで発生していることがわかった。

放置されていたのは、同校の児童29人および秋田県内の小学校の児童35人の氏名、住所、電話番号、保護者氏名、在籍する兄弟の氏名などが記載された学級名簿。同校の教師が2008年5月8日に紛失したUSBメモリ内のデータを印刷したものと見られている。

2010年8月22日に、同校の校門付近や市内の路上に放置されているのが発見されているが、あらたに同年12月30日から31日にかけて、同校や一般住宅のポストで発見された。

さらに年明け1月4日には一般住宅のポストで、また5日にはコミュニティセンターや学童保育施設のポストで発見された。投函時期は年末で、同校では名簿を回収するとともに、警察に届け出るなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2011/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実物の調査書を見本に使用 - 府立高校
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託