Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経営者から担当者まで参考になる「DoS攻撃」調査報告書

情報処理推進機構(IPA)は、「サービス妨害攻撃の対策等調査」を実施し、報告書を発表した。

同報告書は、ウェブサービスの継続性を脅かすDoS攻撃について調査を実施し、取りまとめたもの。有識者による「サービス妨害攻撃対策検討会」の議論をもとに、事例や対策方法について調査を行った。

攻撃を意図しないアクセスからサービス停止を引き起こすケースなども踏まえた上で、「サービス妨害」の背景や内容、攻撃への対処など、経営者からセキュリティ担当者まで参考になる情報を収録した。

具体的には、攻撃の動機や背景、手法のほか、事前対策、被害時の相談先、法律や制度面についても触れている。

オンラインゲーム協会(JOGA)に対するインタビューや、2009年8月にDDoS攻撃を受け、脅迫を受けたオンラインゲーム事業者の事例、2004コンピュータソフトウェア著作権協会が攻撃を受けたケース、米韓に対する攻撃など9件の事例を取り上げている。

(Security NEXT - 2010/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる