Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年のセキュリティサービス市場規模は前年比7.9ポイント増 - IDC予測

IDC Japanは、国内通信事業者が提供するセキュリティサービスの市場規模予測を発表した。

同社の予測によれば、国内通信事業者が提供するセキュリティサービスの2010年の市場規模は、前年比7.9ポイント増の3099億円。2011年には前年比12.3ポイント増の3480億円になるとの見通しを示している。

2009年から2014年までの年間平均成長率を12.4%と見込んでおり、2014年の市場規模は5154億円に達すると予測。内訳を見ると、セキュリティコンサルティングサービスが591億円、セキュリティシステム構築サービスが1138億円、セキュリティシステム運用管理サービスが3417億円、セキュリティ教育およびトレーニングサービスが7億円。

景気低迷の影響からIT関連投資の抑制傾向が続いており、大企業ではアウトソーシングの利用が加速。またセキュリティサービスにおいて価格競争の激しさが増しており、単価や利益率の低下が発生しているという。

(Security NEXT - 2010/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2021年の悪質ECサイト報告数、前年の約1.7倍に
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に