Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童の個人情報含むUSBメモリ2本が所在不明 - 宇治市の小学校

京都府の宇治市立北槇島小学校において、児童192人の氏名やテストの点数が保存されたUSBメモリが所在不明になっている。

紛失したUSBメモリは、3年生から5年生の児童192人の氏名および理科のテスト結果が保存された2本。11月26日に非常勤講師が、USBメモリを接続したPCを授業に使用したが、授業終了後に職員室へ戻ると、接続されていたメモリがなくなっていたという。

校内や学校周辺の捜索を行ったが発見できず、同校では対象となる児童の家庭訪問を行って説明と謝罪をした。また全保護者を対象とした説明会を開催するなど、対応を進めている。

(Security NEXT - 2010/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大