Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトの検知数、減少傾向から一転増加へ - セキュアブレイン調査

セキュアブレインは、10月に同社が検知した不正サイトの状況を取りまとめた。検知件数は6月以降減少傾向が続いていたが、10月は前月を大きく上回った。

同社によれば、不正サイトの検知件数は、5578件を検知した6月をピークに以降減少傾向が続き、9月には4342件まで減少したが、10月は増加に転じて4900件だった。

カテゴリを見ると、フィッシング詐欺サイトが2155件でもっとも多く、ワンクリック詐欺サイトが1112件、改ざんサイトが795件で続いた。またこれら3カテゴリのほか、不正プログラムの配布サイト、不正攻撃サイトなど、全カテゴリでいずれも前月の検知件数を上回ったという。

101129sb.jpg
各カテゴリで前月の検知件数を上回った(グラフ:セキュアブレイン)

(Security NEXT - 2010/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
「WordPress」関連事故の背景に知識や予算の不足
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件