Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボット稼働数の都市別ランキング、トップは「ヨハネスブルク」

マカフィーは、ボットが感染したいわゆる「ゾンビPC」の稼働数が多い都市について調査を実施し、結果を取りまとめた。

同社によれば、上位2都市はいずれも南アフリカで、「ヨハネスブルク」「ケープタウン」だという。3位にはポルトガルのリスボンが続いた。4位、5位は、それぞれ「ニューデリー」と「バンガロール」とインドの都市が入った。

ボットに感染した際の症状として、PCの動作が鈍くなったり、起動が通常とは異なるなど挙動にあらわれる場合がある。またウイルス対策ソフトが停止されたり、見知らぬ人からメールの自動応答メッセージが送信されるといった症状なども特徴で、こうした症状が確認された場合は注意が必要だという。

見知らぬ人から届いたメールの添付ファイルや、不審なウェブサイトから入手したソフトウェアが、ボットの感染源になる可能性があると指摘。感染を防止するため、ソフトウェアの自動更新やセキュリティ対策ソフトなどの利用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
「SQL Server」の認証試行が10月より急増
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも