Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、マカフィーへフィッシングURLの情報提供を開始

フィッシング対策協議会は、マカフィーへフィッシング詐欺サイトのURL情報について提供を開始する。

同協議会では、2010年2月よりプロバイダやセキュリティベンダーなど会員を対象に、フィッシング詐欺サイトのURLを提供しており、Kaspersky Labs JapanやG Data Softwareがすでに採用している。

マカフィーでは、国内第三者機関と協力し、フィッシング対策を強化するのは、今回がはじめて。法人、個人向け製品へ11月16日より順次データを追加していく。またクラウドを活用する「Global Threat Intelligence」のウェブレピュテーションに対しても反映させる予定。

(Security NEXT - 2010/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
「東京ガス」装うフィッシング - 「対応しないと供給停止」と不安煽る
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用