Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動でスレーブへ切り替えできるMySQLバックアップソリューション

ソフトエイジェンシーは、米Continuentが開発したMySQLのバックアップソリューション「Tungsten Enterprise for MySQL」を発売する。

同製品は、データベースを非同期でコピーし、マスターとして動作するデータベースが障害により停止した際に、スレーブをマスターへ自動的に切り替えることができるバックアップソリューション。

一元的にデータベースサーバの実行ポジションを管理しているため、あらたにスレーブを作成する場合も、以前のバックアップ位置などを気にせずに行うことが可能。

またアプリケーション側で変更することなく、マスターやスレーブへの接続をあらかじめ設定したポリシーに従って、自動的に接続させることが可能で、障害対策の自動変更以外にも負荷分散などへ活用できる。

「Linux」や「Mac OS X」「Solaris」上で動作する「MySQL 5.0」「同5.1」で利用可能。価格はオープン

(Security NEXT - 2010/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断