Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サンプル百貨店」の会員情報46万件が流出 - 派遣社員が名簿業者11社に売却

試供品によるマーケティングサービスを提供している「サンプル百貨店」の会員情報46万3360件が、元派遣社員により名簿業者へ不正に売却されていたことがわかった。

同サイトを運営するルーク19によれば、リクルートスタッフィングの元派遣社員がアクセス権限を利用して会員データを業務用PCへデータを保存し、自宅に持ち帰っていたもので、データを独自に名簿を作成して名簿業者へ販売していたという。9月に複数の会員から勧誘電話を受けたとの指摘を受け、調査を行ったところ、10月16日に持ち出しによる流出が判明した。

流出した情報は、2010年8月6日までに登録していた同サービス会員の個人情報46万3360件。氏名や住所、生年月日、性別、年齢、血液型、電話番号、メールアドレスのほか、職業や職種、家族構成や自宅区分、世帯年収、クレジットカードの保有、保有するゲーム機、興味を持っている分野、購読雑誌、買い物時の性格、スポーツ傾向、利用する携帯電話会社など含まれる。

売却先となった名簿業者は11社にのぼり、その後不動産関連企業や出会い系サイト業者において、勧誘電話や迷惑メールの送信などに利用されている。同社では、名簿業者よりデータの返却を受け、データを保存したメディアの破棄についても同意書を取り付けたと説明している。

同社では会員に対して、不正な勧誘を受けた場合は、利用の停止を申し出て、同社カスタマーサポートまで連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市