Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新Gumbler型攻撃の詳細明らかに - JPCERT/CCは関係者に調査依頼

10月に入り、正規サイト経由で感染するあらたなGumbler型攻撃が確認されている問題で、セキュリティベンダー各社は調査状況をアナウンスし、注意を呼びかけている。

感染の原因となったのは、ウェブサイトなどが利用している一部アクセス解析サービスと見られており、解析サービスを利用する正規サイトを通じて感染が広がった。JPCERTコーディネーションセンターでは注意喚起を行うとともに、改ざんされたアクセス解析サービスを提供する事業者へ調査を依頼している。

日本IBMの東京SOCによれば、感染したマルウェアのファイル「mstmp」が外部サーバと大量の通信を行っていていることを9月29日ごろ検知。不正ファイルのダウンロードがピークを迎えたのは12日で、200件以上が検知された。19日以降はピーク時より大きく減少したという。

感染状況については、すでにトレンドマイクロが100社以上から感染報告を受けていることについて公表しているが、緊急対応サービスを展開するラックに対しても複数の相談が寄せられている。

(Security NEXT - 2010/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生