Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性と改ざんのチェック月額5250円で提供 - NTT東

NTT東日本は、中規模以下の企業を対象としたインターネット支援サービス「オフィスまるごとサポート」に、ウェブページの脆弱性診断や改ざん検出を行うオプションサービスを追加した。

今回追加した「Webセキュリティ診断」は、月に1度、特定のURLを起点としてリンク先など同社が任意に選定したページについて、脆弱性の有無や改ざんが発生していないかネットワーク経由で診断するサービス。ラックから技術協力を受けてサービスを実現した。

最低2カ月から利用でき、1件のURLに対応する基本契約は月額5250円。追加契約は月額4200円で最大4件のURLを追加できる。

(Security NEXT - 2010/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
AWSのセキュリティを診断し可視化するサービス - TDCソフト
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI