Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知の不適切サイトもブロック可能なフィルタリングソフト - ジャストシステム

ジャストシステムは、ウェブフィルタリングソフトの最新版「Tri-De WebFilter 2.0」を、12月10日より発売する。

同製品はサーバ上で動作し、431カテゴリのデータベースに基づいて動作する「URLフィルター」と、同社独自の自然言語処理「NLP」技術を応用する「コンテンツフィルター」を搭載したウェブフィルタリングソフト。

最新版では「コンテンツフィルター」機能を強化。ウェブページの記載内容を解析して、未知の不適切サイトもブロック可能になった。また「書き込みブロック」機能により、掲示板やブログへの書き込みを防止する。

このほか、ウェブの利用状況を統計的に出力する「ログレポートツール」や、閲覧禁止のサイトも利用者の判断で一時的に閲覧可能にできる「強硬閲覧」機能などもあらたに搭載した。

(Security NEXT - 2010/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ