Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Lhaplus」の実行ファイル読込処理に脆弱性 - 11日公開版で対処済み

圧縮、解凍機能を提供するフリーソフト「Lhaplus」の実行ファイル読み込み時に脆弱性が含まれていることがわかった。情報処理推進機構が12日に注意喚起した脆弱性とは異なるもので、11日に公開された「同Version 1.58」以降ですでに修正済みだという。

同ソフトは、ライブラリファイルの読み込み処理に脆弱性「CVE-2010-2368」が含まれているとして、10月12日にIPAなどが注意喚起を実施しているが、JVNで別の脆弱性として、15日に公表されたもの。

あらたに判明した「CVE-2010-3158」は、実行ファイルを読み込む際のファイル検索パスの問題で、意図しない実行ファイルを読み込む可能性がある。

JVNによれば、いずれの不具合も10月11日に公開された「同Version 1.58」で、すでに解決されており、機能が修正された14日に「同Version 1.59」を含め、最新版へアップデートすることにより解消できる。

(Security NEXT - 2010/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も