Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Lhaplus」の実行ファイル読込処理に脆弱性 - 11日公開版で対処済み

圧縮、解凍機能を提供するフリーソフト「Lhaplus」の実行ファイル読み込み時に脆弱性が含まれていることがわかった。情報処理推進機構が12日に注意喚起した脆弱性とは異なるもので、11日に公開された「同Version 1.58」以降ですでに修正済みだという。

同ソフトは、ライブラリファイルの読み込み処理に脆弱性「CVE-2010-2368」が含まれているとして、10月12日にIPAなどが注意喚起を実施しているが、JVNで別の脆弱性として、15日に公表されたもの。

あらたに判明した「CVE-2010-3158」は、実行ファイルを読み込む際のファイル検索パスの問題で、意図しない実行ファイルを読み込む可能性がある。

JVNによれば、いずれの不具合も10月11日に公開された「同Version 1.58」で、すでに解決されており、機能が修正された14日に「同Version 1.59」を含め、最新版へアップデートすることにより解消できる。

(Security NEXT - 2010/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性