Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関のパスワードを盗む「Zbot」にMSRTが対応

マイクロソフトは、10月のセキュリティ更新プログラムとともに公開した「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」で、「Zbot」や「Zeus」として知られるトロイの木馬へ対応した。

同トロイの木馬の初登場は1996年と比較的古いウイルス。金融機関のアカウント情報やパスワードの窃取に悪用されており、感染後はバックドアが作成され、外部からコントロールされる可能性がある。

さまざまな亜種が確認され、具体的な被害が発生していることから今回対応したもので、マイクロソフトセキュリティレスポンスチームチーフセキュリティアドバイザーの高橋正和氏は、「今回のMSRTによる対応が今後どのような影響を及ぼすか見守っていきたい」と話している。

(Security NEXT - 2010/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
SolarWinds製品の侵害、米国中心に検出 - 国内でも
SolarWindsのIT管理製品がAPT攻撃の標的に - 巧妙な隠蔽も
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍