Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性を解消した「Opera 10.63」を公開

Opera Softwareは、複数の脆弱性を解消したブラウザの最新版「Opera 10.63」を公開した。

今回のアップデートでは、クロスドメインのチェックがバイパスされ、CSSを利用して制限されたデータの詐取が可能となる脆弱性のほか、リロードやリダイレクトによりクロスサイトスクリプティングが可能となる問題を修正した。

さらに動画ストリームが妨害される問題、JavaScriptやウィンドウ処理の不具合など複数の脆弱性に対応。またユーザーインタフェースや表示、スクリプトにおける不具合の修正など多数修正が行われた。

(Security NEXT - 2010/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース