Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイル続をUTM経由に強制できるソリューション - ウォッチガードら

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンとベーシックは、セキュリティ対策ソリューションの提供で協業した。

今回の協業を通じて、両社はウォッチガードのUTMアプライアンス「WatchGuard XTM」と、ベーシックのインターネット無断接続防止ツールを組み合わせ、「コネクト・リミット」として提供する。

同ソリューションによりモバイル通信の接続先をVPN機能など備えた同UTMのみに制限することで、不正なネット接続を防止やウイルス対策、URLフィルタリングなど強制的にポリシーを実施できる。価格は100ユーザ規模で90万円から。

(Security NEXT - 2010/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減