Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休職中の教員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市教委

大阪市教育委員会の非常勤嘱託職員が、うつ病など病気休職中の教員や復職した教員85人分の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したことがわかった。

紛失したUSBメモリは、うつ病などの病気休職者の復職支援事業や講師面接業務に使用していたもので、教員85人の氏名、性別、生年月日、勤務学校名、担当教科、休職期間、復職日などが含まれていた。このうち現在も休職中の39人については、住所や経歴、病状なども含まれる。

9月16日にメモリを使用し、鞄のポケットに入れて帰宅。その後10月1日に再度メモリを使用しようとしたところ、紛失に気が付いたという。職場や自宅の捜索を行ったが、見つかっておらず、同委員会では、関係者への報告と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2010/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道