Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休職中の教員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市教委

大阪市教育委員会の非常勤嘱託職員が、うつ病など病気休職中の教員や復職した教員85人分の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したことがわかった。

紛失したUSBメモリは、うつ病などの病気休職者の復職支援事業や講師面接業務に使用していたもので、教員85人の氏名、性別、生年月日、勤務学校名、担当教科、休職期間、復職日などが含まれていた。このうち現在も休職中の39人については、住所や経歴、病状なども含まれる。

9月16日にメモリを使用し、鞄のポケットに入れて帰宅。その後10月1日に再度メモリを使用しようとしたところ、紛失に気が付いたという。職場や自宅の捜索を行ったが、見つかっておらず、同委員会では、関係者への報告と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2010/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを一時紛失、6日後回収 - 大阪府
退職時に共済契約データ持出、内部調査で発覚 - JAえちご上越
駐車施設付置届出書含むバックアップ用USBメモリが所在不明 - 川崎市
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
FC会員情報含むUSBメモリを撮影会場で紛失 - 新日本プロレス
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
中学校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 高槻市