Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

柔軟なUSBメモリ管理を実現したPC管理ソフト最新版を発売 - ソリトン

ソリトンシステムズは、PC管理ソフトウェア「InfoTarcePLUS」の最新版を、9月27日より発売する。

同製品は、PC資産管理や操作ログ管理、操作制御を提供するソフト。PC単位ではなくユーザー単位で管理するため、1台のPCを複数で利用している場合や、1人で複数台のPCを利用している場合でも、ユーザーごとにポリシーを適用できる。

「同バージョン3.0.2」では、USBメモリデバイス制御機能を強化。特定したUSBメモリのみを使用許可し、ユーザーやグループごとに制御できるようになった。このほか、ファイルサーバのログ取得処理能力を改善しており、従来より2倍以上の高速化が実現したという。

価格は、サーバパックが105万円。PCインストールライセンスのオールインワン版が1万7850円、PCインストールライセンスの機能選択版が5250円、サーバ操作ログライセンスが42万円。

(Security NEXT - 2010/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ
(ISC)²とNTT-ATが提携強化 - SSCPのトレーニングを日本語化
SaaS設定不備の対策支援サービスを開始 - NEC
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド