Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アークン、WAFを設計から運用までワンストップで提供

アークンは、WAFの設計から運用までワンストップで提供するマネージドサービス「SecureSphere WAF MSS」を10月1日より提供開始する。

同サービスでは、米Imperva製ウェブアプリケーションファイアウォール「SecureSphere」の設定や導入、調整のほか、オンサイト保守までワンストップで提供するもの。WAFの稼動状況を監視したり、攻撃の検知、設定の調整やバックアップのほか、フルタイムのヘルプデスク、月次レポートなどを提供する。

価格は、オープンプライス。参考価格は初期費用が90万円、月額利用料が31万円から。また「WAF」をレンタルするプランなども用意している。

(Security NEXT - 2010/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始