Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WORM_DOWNAD.AD」のトップ変わらずも、上位に変動 - トレンド週間ランキング

トレンドマイクロは、国内で8月30日から9月5日までに同社が発見や感染報告を受けたウイルスの状況について取りまとめた。

引き続き「WORM_DOWNAD.AD」が首位を走っている。一方で同ウイルスと3位となった「MAL_XED-10」以外は、前週と上位がすべて入れ替わるなど動きが激しい状況だった。新種のトロイの木馬「TROJ_SCARECROW.A」が2位に続いている。

4月11日に発見され、9月2日に同社では対応した「TROJ_OFICLA.SMK」が5位に入っている。同社が検知したウイルスのランキングは以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(2010年8月30日から2010年9月5日まで)

1位:WORM_DOWNAD.AD
2位:TROJ_SCARECROW.A
3位:MAL_XED-10
3位:TROJ_BREDOLAB.DI
5位:JS_FAKESCAN.SMI
5位:TROJ_DAGONIT.C
5位:TROJ_DRAGON.R
5位:TROJ_OFICLA.SMK

(Security NEXT - 2010/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増
ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア