Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が記載された書類が鞄ごと盗難 - 医薬品販売会社

医薬品や健康食品の販売を展開する大日商事は、従業員が盗難被害に遭い、顧客情報最大107件が記載された書類を紛失したと発表した。

被害に遭った書類には、取引先4団体において個人斡旋商品を購入した顧客の氏名、および勤務先の名称、住所、電話番号、商品購入情報などが記載されていた。件数は調査中だが、最大107人分が含まれるという。

8月23日、従業員が帰宅途中に鞄ごと盗まれたもので、情報の不正利用などは確認されていない。同社では、対象となる団体および個人に対し、説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2010/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンペ資料を無許可で外部に送信、宛先も誤入力 - 福岡県
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市