Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が記載された書類が鞄ごと盗難 - 医薬品販売会社

医薬品や健康食品の販売を展開する大日商事は、従業員が盗難被害に遭い、顧客情報最大107件が記載された書類を紛失したと発表した。

被害に遭った書類には、取引先4団体において個人斡旋商品を購入した顧客の氏名、および勤務先の名称、住所、電話番号、商品購入情報などが記載されていた。件数は調査中だが、最大107人分が含まれるという。

8月23日、従業員が帰宅途中に鞄ごと盗まれたもので、情報の不正利用などは確認されていない。同社では、対象となる団体および個人に対し、説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2010/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学童保育で児童の写真含むデジカメが所在不明に - 高槻市
高校教諭が生徒の個人情報含む教務手帳を一時紛失 - 東京都
看護師が資料を持ち帰り一時紛失、自宅で見つかる - 神奈川県看護協会
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
顧客情報含む業務用PCを帰宅時に紛失 - サンケイビル
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
無許可で持ち帰った業務用記録メディアが鞄ごと盗難被害 - さいたま市
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
入居申込者情報を撮影したカメラを紛失 - 鳥取県住宅供給公社