Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intel、買収後もMcAfeeに「非Intel」含む多プラットフォーム展開を希望

先週Intelは、McAfeeを買収することで同意したことを明らかにし、同社ハードウェアにおけるセキュリティ機能の実現を目指す方向性を示したが、McAfeeに対して同社以外のプラットフォームに対しても引き続きサポートしていくことを求めていることがわかった。

McAfeeで、コンシューマーやモバイル向け製品、スモールビジネス分野を担当している同社エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのTodd Gebhart氏が、都内で開催されたコンシューマー向け製品の発表会で明らかにしたもの。

同氏は、今回の買収においてIntelが、成長のイニシアティブをセキュリティが握ると言及したことについて触れ、「McAfeeにとって喜ばしい動き」であると述べ、今後はソフトウェアとハードウェアを組み合わせて提供できることになると傘下に入るメリットを強調した。

また同氏はインターネットへ接続するすべてを保護するソリューションの提供が期待されていると説明。IntelはMcAfeeに対し、「非Intel」のプラットフォームも含め包括的にサポートするよう求めており、McAfeeでは「Android」「Symbian」「Linux」を含む幅広いプラットフォームに対して展開していく見通しを示した。

100826ma.jpg
Todd Gebhart氏

(Security NEXT - 2010/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
NEC子会社、法執行機関向け機密情報管理ソフトの開発会社を買収
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了