Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリのアクセス制御を実現するUTM向け追加機能を発表 - チェック・ポイント

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、SNSやIMをはじめとするウェブアプリケーションへのアクセスポリシーを管理できる同社ハードウェアアプライアンス向け追加機能「Application Control Software Blade」を、2010年第4四半期より提供する。

同ソリューションは、いわゆる「Web 2.0」技術を利用したサイトへのアクセスを、個人やグループごとに制限することができる新機能。同社セキュリティゲートウェイへ追加することが可能。

5万以上のWeb 2.0ウィジェットや、SNSやIMなど4500件のアプリケーションを登録したライブラリ「Check Point AppWiki」をもとに、管理者がアプリケーションの利用ポリシーをカスタマイズ可能。Active Directoryとシームレスに統合することができる。

また「UserCheck」機能を搭載しており、アプリケーションによるリスクを利用者へ警告。業務用かプライベートによる利用か確認することができる。

(Security NEXT - 2010/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
共同調達にも対応、自治体情報セキュクラウド - SBテク
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ