Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Intel、米McAfeeを総額約76億8000万ドルで買収

米Intelは、米McAfeeの全普通株を1株あたり48ドル、総額約76億8000万ドルで買収し、完全子会社化することで合意したと発表した。

今後株主の同意や司法上の手続きを経た上で、買収が完了する予定。McAfeeは、現在の事業分野をIntelのソフトウェア&サービス事業本部のもと、引き続き提供する。

Intelは、モバイルや情報家電、車、医療、ATMなどインターネットデバイスが増加する一方でサイバー犯罪が拡大しているとし、今回の買収を通じてセキュリティ分野の人材確保するとともに、ハードウェア組込型のセキュリティ対策やワイアレス、モバイル分野などを中心にセキュリティ分野を強化する。

(Security NEXT - 2010/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC子会社、法執行機関向け機密情報管理ソフトの開発会社を買収
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収