Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1割強が旧OSを利用、ボット検出率も上昇 - CCCまとめ

サイバークリーンセンター(CCC)は、6月のボット検知状況を取りまとめた。収集総数は減少したが、国内からの検体収集数が増加しており、国別比率で米国を抜いて最多になったという。

レポートによれば、6月のボット収集総数は15万4546件で、5月の16万9770件から後退した。重複を除く同定検体数も11万818件で、前月の11万4656から微減。ウイルス対策ソフトで検知できない未知検体数も230件と、前月から減少している。

マルウェア検体の収集を目的としたハニーポットでの検知傾向を見ると、国内からの収集増加が目立った。収集元の国別比率では、国内が32.9%、米国が28.7%で、前月1位の米国を抜いてトップになった。

検体種類別ランキングの1位は依然として「WORM_DOWNAD.AD」で、2位と3倍近い差をつけるなど突出している。また、「PE_VIRUT.AV」と「WORM_PALEVO.SMJF」の国内収集数が増加している。

(Security NEXT - 2010/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
「SQL Server」の認証試行が10月より急増
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも