Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

肝炎治療受給者の個人情報を紛失、1年にわたり本人に通知せず - 広島県

広島県において、個人情報含む肝炎患者受給者証交付申請書類など9件を紛失していたことがわかった。1年前に判明していたが公表しておらず、本人にも通知していなかった。

紛失していたのは、県内の保健所から県庁の健康対策課に送付された肝炎インターフェロン治療受給者証交付申請書や添付書類など9人分。申請者の氏名、住所、生年月日、性別、疾病名、受診医療機関などが記載されている。

2009年4月から8月にかけて紛失が判明した際、申請書の写しに基づいて通常通りの処理を実施。その後各保健所に再発防止策などの指示を行ったが、本人への謝罪や公表、関係部署への連絡などは実施しなかった。

2010年7月20日に書類を整理していた際、紛失時の対応に問題があることが判明。対象となる申請者への謝罪や公表などを行った。

(Security NEXT - 2010/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
高校よりレターパックで送付された申請書類が所在不明 - 東京都
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
不妊対策助成事業の一部申請書が所在不明に - 東京都
狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市