Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、セキュリティ対策ソフト「50年分」をプレゼントするキャンペーン

マカフィーは、同社のコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「マカフィーインターネットセキュリティ 2010」50年分を抽選でプレゼントするキャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、「マカフィーインターネットセキュリティ2010」1年3ユーザー版の50パッケージを抽選で10人にプレゼントするもの。3ユーザー版のため、最高150台で1年間分のライセンスとして利用することもできる。応募はハカギで受け付け、締め切りは8月23日。

同社では、「ハッカー文化」が1961年9月にはじまり、今年で生誕50年を迎えることを記念して今回のキャンペーンを企画。元来「ハッカー」は、すぐれた技術者を指す言葉で、深い知識や技術などによりセキュリティの発展にも寄与したとして、敬意を表したという。

(Security NEXT - 2010/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

非当選者に誤ってプレゼント当選メール、別人の氏名も - ECC
クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
郡山市の偽Facebookアカウント - 「プレゼント当選」などと誘導
「支援金5万円」とだますフィッシング - 偽マイナポータルへ誘導
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - コムテック
プレゼント応募者の名簿が公開状態に - 高知さんさんテレビ
配送品に伝票を二重貼り、剥がすと異なる顧客情報 - 広島の家具会社
フォーム設定ミス、キャンペーン当選者情報が流出 - 愛知県
「マイナポイント事務局」装う偽メールに注意 - ポイント失効と不安煽る
フジテレビ人気アニメの応募企画でデータ消失 - プレゼント発送できず