Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、セキュリティ対策ソフト「50年分」をプレゼントするキャンペーン

マカフィーは、同社のコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「マカフィーインターネットセキュリティ 2010」50年分を抽選でプレゼントするキャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、「マカフィーインターネットセキュリティ2010」1年3ユーザー版の50パッケージを抽選で10人にプレゼントするもの。3ユーザー版のため、最高150台で1年間分のライセンスとして利用することもできる。応募はハカギで受け付け、締め切りは8月23日。

同社では、「ハッカー文化」が1961年9月にはじまり、今年で生誕50年を迎えることを記念して今回のキャンペーンを企画。元来「ハッカー」は、すぐれた技術者を指す言葉で、深い知識や技術などによりセキュリティの発展にも寄与したとして、敬意を表したという。

(Security NEXT - 2010/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

観光促進キャンペーンの当選メールで送信ミス - 高知県
Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
偽ディズニーメールに注意 - 「パークチケット必ずもらえる」と誘導
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画