Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ショートカット悪用される「Windowsシェル」の脆弱性、8月3日に緊急パッチ

「Windowsシェル」に深刻な脆弱性が存在し、「ショートカットファイル」のアイコンを表示することにより、悪意あるコードが実行される可能性がある問題で、マイクロソフトは、定例外となる8月3日にセキュリティ更新プログラムを公開すると発表した。

同社では7月17日にセキュリティアドバイザリを公開、定例外での提供も視野に入れ、脆弱性を解消するプログラムの開発を進めていることを明らかにしていた。今回8月3日に公開するプログラムについて、同社では深刻度を「緊急」と設定している。

今回の脆弱性は、アイコンの表示のみでコード実行が可能であり、すでに標的型のゼロデイ攻撃が確認されている。マイクロソフトでは、緩和策である「Fix it」を提供。また一部セキュリティベンダーでは、独自に開発した対策プログラムを公開し、ユーザーへ注意を呼びかけていた。

(Security NEXT - 2010/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4月のMS月例パッチで修正された脆弱性が攻撃の標的に - 米当局が注意喚起
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用
MS、2月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性2件に対応
Apple、「iOS 16.1」「iPadOS 16」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Windowsにゼロデイ脆弱性 - ALPC脆弱性と同一人物が再度調整なしにコード公開
ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を